読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦別姓制度に対する最高裁判決について

 

今日、夫婦別姓を認めない民法の規定が違憲かどうかの最高裁による判断が出されました。

結果から言えば、「夫婦別姓を認めない民法規定は違憲ではない」という判決を下しました。

率直に言って、日本の司法には失望の念を抱きました。

一応、判決では「夫婦別姓については国会で論じられるべきではある」ともあるので、司法判断が下されただけで、選択的夫婦別姓制度の導入が潰えたわけではありません。

しかし、その導入が遠のいたことは確かでしょう。

司法に今の制度は合憲だとお墨付きをもらった以上、今の制度を変えようという国会議員のモチベーションは下がるからです。

 

そもそも選択的夫婦別姓制度について勘違いをしている人がたまに見受けられますが、重要なのは、これは「選択的」であり、全カップルが別姓にしろと言っているわけではないのです。

別姓にしたいカップルのみが別姓に出来るというだけの制度です。

選択的夫婦別姓制度に反対というのはイコール夫婦別姓にしたいという人に対しても同姓を強要させたい!と主張しているのと同義なのです。

同姓にしたいカップルは同性に、別姓にしたいカップルは別姓にするのが最も自然なカタチではないでしょうか?

 

ちなみに、世界で夫婦同姓を強要している国は日本だけです。