LGBTは20人に1人いる計算。

 

LGBTいわゆる性的マイノリティに関する話題が学校や職場などのコミュニティで出た場合、よくある反応としては、笑いのネタになるか、ドン引きするの二通りであろう。

 

この2つの反応をする人に共通していることは、性的マイノリティは漫画やアニメ等のコンテンツ内の話、もしくは、テレビ番組の中の話だという意識が強く、現実に存在するという認識が薄いということだ。

この認識の薄さは自分の周りには性的マイノリティがいない、今まで性的マイノリティを実際に見たことがないという意識から来てると思われるが、「自分の周りにいない、今まで見たことがない」というのは本当だろうか。

 

2012年に電通が7万人を対象に行った調査では性的マイノリティは5.2%、つまり少なくとも20人に1人いる結果となっている。

1学級40人のクラスでは2人はいる計算になるのである。

ただ、当時者は周囲の人にカミングアウトしない場合が現状ではまだ多いため、その存在に皆が気づいていないだけなのである。

 

20人に1人という確率を考えたら、LGBTを笑いのネタにしたり、過度に引いたりといった反応をしてきた人は知らぬ間に当事者を傷つけていた可能性がとても高いことが分かるだろう。

性的マイノリティは異性愛者の自分には関係のない話だと無配慮でいることは賢明な態度ではないのである。