読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格差の是正は善なのだろうか

 

格差は本質的に悪いものであり、よりよい社会のために所得の再配分を進めて格差の是正を行うことが善だという言説がよくあるが、格差は無条件に是正すべきものなのだろうか。

 

最低限度の貧困対策。底辺層を含めて社会の全構成員が最低限度の生活を保証される社会制度があるならば、高所得者層の所得が伸びることによる格差の拡大は特別問題があることでは無いと思われる。

 

高所得者層がより働き、その対価としてより高い所得を得るのが認められることによってイノベーションが起き、科学技術が発達し、社会がより豊かになるのではないか。

 

格差の拡大への反射的な反対論は社会の大多数を占める中流・下流クラスタの上流への妬みが原因の感情論である。